【メルマガ】かなめーる vol.227

かなめーる

(1月6日執筆)

かなめーるの皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

今年の年末年始は少し例年より長めだったようですが、皆様どのようにお過ごしになられましたでしょうか。私は国会閉会から年末まで連日しっかりと地元活動と政策立案活動を中心に行い、そして元旦からは千葉神社にて参拝の大勢の方々に新年のご挨拶をさせて頂きました。そして本日6日は多くの会社の仕事始め、加えて子供達の新学期ということで、私は地元稲毛駅で通勤通学の方々にご挨拶をした後、千葉市主催の新春名刺交換会に先ほどまで出席してきたところです。

通常国会は例年一月の下旬からですので、引き続き当面は地元を中心に多くの新年会などのイベントに参加することになりますが、加えて、来月2月9日に福島県郡山市で行われる民主党党大会で私が発表する予定のエネルギー環境政策について、年末年始を挟んで目下取りまとめを行っているところです。このエネルギー環境分野は、原発事故以来の目下、我が国のアキレス腱という側面もありますが、同時に、わが国の今後のいわば飯の種となりうる技術がかなり存在する分野でもあり、これからの日本は、3.11と原発事故の試練を契機として、日本全体を世界のショーケースとして作り上げて行くことが極めて重要です。丁度、その新たな挑戦の取り組み途上に2020年の東京オリンピックもあるわけで、前回の「成長国家ニッポン」とは一味も二味も違う「成熟国家ニッポン」を世界にアピールする絶好のチャンスと位置付けて参ります。

このエネルギー環境分野は、私が経済産業大臣政務官時代からの中心的なテーマでありますが、加えて、法務分野にも力を入れております。この分野では、今年も引き続き再犯防止への政策的な提言を行います。地元で保護司や協力事業主、あるいは刑務官や保護監察官、弁護士などの専門家とも連携しつつ、わが国の治安の更なる改善に尽力します。昨年末に超党派でこの分野の議員連盟も立ち上げ、今年はまず、半世紀以上も刑務所慰問活動を続けておられる、俳優の杉良太郎さんを国会にお招きしご講演を頂く予定です。地元でのシンポジウムも検討して参ります。

あと、余談ですが、来週、福島県南相馬市で市長選が行われます。昨晩、桜井南相馬市長から直接私の携帯にお電話があり、私も南相馬市に応援に駆け付けることにいたしました。桜井市長は、私が3.11の二ヶ月半後から福島現地本部長を務めて以来のご縁があり、あの混乱の時期に共に福島で事故対策対応に汗をかいた同志、かつ、飯舘村の菅野村長、川内村の遠藤村長とともに、一昨年末のあの激しい逆風総選挙のおり、私の選挙応援に福島からわざわざ千葉市まで駆け付けて下さったのです。因みに、相馬地方というのは千葉氏とは歴史的にも深い繋がりがあります。この機会にしっかりご恩返しをして参ります。

最後に、昨年末の臨時国会は、多くの国民の不安をよそに、特定秘密保護法の強行採決で幕を閉じました。大変大きな課題を残した国会です。今年も引き続き、この法律については国民の皆様の不安の声にしっかり応えて行く必要があると考えています。最後までかなめーるお読み下さりありがとうございます。皆様、今年もご指導のほど何卒よろしくお願いします。

衆議院議員
たじま 要

かなめーるのお申込みはこちらから


« »

Back to Top ↑