【かなめ日記】解散と解党

かなめ日記

衆議院が解散されました。秋の臨時国会を目前に、「北朝鮮からミサイルがまた飛んでくるかもしれない緊迫した状況で政治空白を作っていいのか!」と怒ってみても、「国会での森友加計疑惑の追及をはぐらかすための解散だ!」と責めてみても、政権は聞く耳を持ちません。しかし、大義なき解散だからといって私は逃げません。憲法で認められた総理の解散権の趣旨をねじ曲げ、自己都合優先で政治空白を作る日本のリーダーを、私たちは決して許してはなりません。日本の総理大臣がそういう人物である限り、日本の政治はいつまで経っても「三流政治」です。まさに今、国民の見識が試されるのです。

その衆議院解散が行われた同じ日に、民進党は、前原代表の重い決断を全会一致で受け入れました。来たる衆議院選挙には、一人でも多くの予定候補者が、民進党ではなく、誕生したばかりの「希望の党」の公認候補として選挙を戦うという決断です。私にとっても寝耳に水でありましたし、有権者の皆さまにとっても期待と不安の交錯する展開だと思います。ただ、そうであってもなお、私は目指す大きな目標を見失ってはいけないと考えます。政権与党だけが突出した力を持てば、それは民主主義を脅かすことになり、現に、特定秘密保護法や共謀罪などにより、権力による国民監視が強まり、国民による権力の監視が困難になっています。政権交代可能な二大政党制への政治の流れを確かなものにすることは、日本の未来のため、国民のため、絶対に必要です。

私たちが果たすべき使命は、将来不安への処方箋としてのあるべき社会のビジョンの提示、そして具体的政策と、それを一丸となって推し進める力の結集と発信力強化の実現です。安倍政権の問題や不祥事を批判することだけに終始するのではなく、むしろ堂々と「私たちの目指す社会像」を国民の皆様にしっかりと訴え、そのための政党運営を心がけていきたいと考えます。そして、その目指す社会の一環として、私が長年取り組むエネルギー政策についても、引き続き党の議論をリードし、原発に依存しない「分散型の自然エネルギー社会」の一日も早い実現を目指して努力を続けます。これからも、自公政権に代わる力の結集、ひいては政権奪還のために必要なあらゆる行動をとることを通じて、我が国の未来を拓くための諸政策の実現に向けて粉骨砕身の覚悟で努力して参ることをお誓いいたします。


« »

Back to Top ↑