【かなめ日記】「今国会での活動について」

かなめ日記

DSC00747

国会が開会して3週間が過ぎました。今日は私の今国会での役割と活動についてご紹介したいと思います。

まずは経済産業部門会議の部門長兼民主党政策調査会副会長。これは経済産業省所管の諸課題を議員間で議論し、政府提出法案を審議する経済産業部門会議の取りまとめ役です。政府の法案はまずこの部門会議で審査されたのち、閣議決定され国会に送られます。この国会では7本の法案が経済産業委員会で審議予定ですが、その中には例えば、先の大震災の教訓を受けて石油の備蓄と 緊急時の流通体制を強化する法案もあります。また、医療や再生可能エネルギー関連の成長戦略に資する新規事業への公的金融支援の強化をはかる法案もあります。

一方、引き続き復興特別委員会の次席理事でもあり、昨年の復興特区法案や復興庁法案に続き、この国会では福島特措法が内閣から提出予定です。また、福島の子どもや妊婦さんの健康に関する不安などによりしっかり対処していくための議員立法についても検討を開始しており、私は法律を作成するチームの副座長を務めます。

立法関係という意味では以上でありますが、これ以外にも連日いくつもの会議の役職を掛け持ちしており、復興関連、円高デフレ対策関連、成長戦略関連、再生可能エネルギー関連、 電力需給対策関連、TPP関連などを中心に取り組んでいます。全体を貫くテーマは、一日も早い景気の回復、そして日本の元気を取り戻していくことです。また、これらと分野は異なりますが、議員定数削減の断行は、社会保障と税の一体改革の大前提として、不退転の決意で頑張ります。引き続き、精力的に取り組んで参りますので、変わらぬご指導をお願いいたします。


« »

Back to Top ↑