【かなめ日記】「福島タウンミーティング」

かなめ日記

今日の午後、本会議終了後すぐに新幹線に飛び乗り、福島で集会を二つ開催しました。一つ目は幼稚園のお子さんを持つお母様方との集会、そしてもう一つは商店街の方々が主催して下さる集会です。丁度、本日、「福島復興特別措置法」が成立をしたのですが、同時に議員立法で放射能被害者のための法律を準備しています。そういうタイミングで福島に暮す方々の生の声を聴かせて頂きました。

どちらの集会でも共通していたのは、多くの現場の声が、実は既に福島に出来ている基金を活用して頂いて、現場の創意工夫で使い勝手のよいものにしていくような中身の要望であったという点です。この点は、住民の方々に地元の政治家をもっと上手に活用して頂き、行政にしっかり声を届けて、まさに被災者のための基金を被災者の望む優先順位で効果的に使っていけるようにしていきたいと思います。

除染に関するご意見もたくさん出ました。「自分たちの身の回りでは、何の動きも無い」「もう、あきらめムードだ」といったご意見には、本当に申し訳なく思います。私としても改めて環境省などにしっかり働きかけて行きたいと思います。と同時に、除染だけではなく、それを補う対策のさらに強化もしていきます。制度が関係する話としては、地域の消防団が除染のために消防放水することが今の制度では認められていない、という指摘もありました。現場ならではの貴重な情報です。アクションを取ります。

 賠償に関してもご不満がいろいろ出ておりましたが、一つには、自主避難をされた方々には60万円、そのまま福島に留まる選択をした方々には40万円という決定を問題視する声が多くでました。私も差を設けることは理不尽だと思っています。

 その他にも多くの貴重なご意見を拝聴することができました。このようなタウンミーティングは、もちろん現地の皆様に喜んで頂ける、安心して頂けるという側面もありますが、と同時に、私たち政治家、特に国会議員の頭を風化させないために、そして危機感を共有し続けるためにも必要だと考えています。引き続き地道に取り組んでまいります。


« »

Back to Top ↑