【メルマガ】かなめーるvol.200

かなめーる

かなめーるの皆さま、こんばんわ。夜9時、自宅の風呂上りです。今日は今年初めて、平日でありながら一日中、地元の千葉市内におりました。地元でなかなか訪ねることの叶わなかった会社や学校を訪ねました。その一つが、海浜幕張にあるインターナショナルスクール。全国初の、そして全国に2校しかない所謂「1条校」のスクールです。日本駐在の外国人の子女や、日本人の帰国子女を受け入れているのですが、3.11以後も心配された生徒数の減少はほとんど無いということで、経営は順調のようです。校長先生は若いイギリス人の男性。そして先生もイギリス人が多いということで、なんとなく納得します。

他方、生徒の方はアメリカンイングリッシュを話す子供が多いということで、これも納得です。また、生徒の国籍では日本人が最多、外国人では中国人が最多だそうですが、昨今の隣国とのギクシャクは子供たちには無縁のようです。学校の雰囲気も、校舎の作りも、日本にいることを一瞬忘れてしまうような空間でした。

さて、先週金曜日の民主党の代表選挙で野田代表が再選をし、そして本日は自民党で安倍総裁が選出をされました。野田代表の方は事前から圧勝が予想され、盛り上がりに欠けた代表選挙。方や、安倍総裁の方は、選挙は盛り上がったものの、民意と議員投票にねじれが生じ後味悪いものとなりました。近いうちに臨時国会が始まるわけですが、少なくともこれでエネルギー政策に関しては明確な対立軸が生まれたといえます。丁度良いタイミングで、地元で「千葉から考える日本のエネルギー政策」というシンポジウムを開催させて頂き、多くの市民の皆さまから高い評価を頂きました。こうしたシンポジウムを開催するのは大変な労力とコストがかかるのですが、改めて一般有権者を巻き込んだ徹底的な政策討論の重要性を認識させていただきました。

秋の国会が始まるまでの限られた時間、地元をしっかり歩きながら、外交防衛に関する自分なりの考え方を取りまとめ、ホームページなどで発信していく考えでおります。また、引き続き、エネルギーや地元の懸案である羽田騒音問題などをテーマとした、車座集会、タウンミーティングを開催して参ります。今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

たじま要拝

かなめーるのお申込みはこちらから


« »

Back to Top ↑