【メルマガ】かなめーる vol.206

かなめーる

かなめーるの皆さん、こんにちは。

昨年末に政権が再び自公政権に戻り、最初の通常国会が始まります。株価や為替に明るい兆しが出始めている中、自公政権は、当面、参議院選挙が終わるまで、党内での意見集約が困難なTPPなどの突っ込んだ議論は先送りとし、まずは当面の景気回復に専念する気配です。そのために、補正予算でも公共事業の大幅増などの数字が踊っています。国民の税金の使いみちのチェックを、野党の立場からしっかり行ってまいります。

この国会では、予算関連以外では、二つ注目すべき項目があります。一つはインターネット選挙の解禁です。民主党政権が誕生する以前の古い自民党政治の中で、ベテランの自民党議員が大反対して、潰され続けたインターネット選挙の解禁が、ようやく与野党で協力して実現する機運が高まってまいりました。私が民主党側の協議の窓口となり、一気呵成に実現させたいと思います。

さらにもう一つが、議員定数の削減です。昨年秋に行われた、野田前総理と安倍自民党総裁との党首討論において、野田前総理から提案がなされ、そして安倍総裁も約束をしました。国民の目の前で安倍総理はその約束をこの国会会期中に果たさねばなりません。この約束が玉虫色の結論とならぬよう、しっかりチェックしてまいります。

たじま要

かなめーるのお申込みはこちらから

 


« »

Back to Top ↑